16.6 C
Tokyo
HomeギャンブルジャーナルJRA【阪神JF(G1)予...

JRA【阪神JF(G1)予想】C.ルメール×ステルナティーアは断然の消し!? 先週ソダシ切り→14番人気アナザートゥルース指名! 絶好調予想が穴馬2頭をピックアップ! – GJ


 今回は2歳G1シリーズ第一弾となる阪神JF(G1)を予想していく。

 先週のチャンピオンズC(G1)は◎→△→△で的中。10月以来の的中となったが、1着2着までは誰もが買える目。3着のアナザートゥルースを読めたのは我ながらよくやった、と。みやこS組は馬券に絡む率が高かった上に、そこで3着している割に人気がなかったので買い目としては狙い所だった。

 ソダシについては、やはり一族の突然変異的な芝馬なのだろう。陣営は2月のフェブラリーS(G1)も視野に入れているようだが、おそらく進むべき道はそちらではないような……。

 さて、予想に戻ろう。

例によって、過去10年馬券に絡んだ30頭分の前走データを見ていきたい。

アルテミスS 9頭

ファンタジーS 5頭

条件特別 4頭

サフラン賞(1勝クラス) 3頭

アイビーS(OP)、新馬戦 各2頭

京王杯2歳S、札幌2歳S、新潟2歳S、サウジアラビアRC、OP特別 各1頭

となっている。アルテミスS(G3)は12年創設の重賞だが、14年以降最低1頭は馬券に絡んでいる。例外は19年のみで、この年は1番人気が該当馬だったが馬券圏外に飛んだ。新馬戦から挑んで馬券に絡んだのは11年と12年の2回。以降は新馬戦から直行した馬の好走例がないので、割り引いて考えていいだろう。

続いて人気順の成績だ。

1番人気 4-1-1-4

2番人気 1-4-0-5

3番人気 0-1-3-6

4~6番人気 5-1-4-20

7~9番人気 0-1-1-28

10番人気以下 0-2-1-85

となっている。1番人気は勝率4割、連対率5割、複勝率6割と鉄壁。2番人気も連対率、複勝率は5割となかなか優秀。対して3番人気は信用しづらいところがあるものの、近5年で見ると【0-1-2-2】と思ったより悪くはない。上位人気からヒモ荒れする傾向がありそうだ。

 これらを踏まえて「◎」は10番サークルオブライフとしたい。

 前走はもっとも好走例の多いアルテミスS。レースは平均ペースと呼べるものだったが、直線では先行して粘る馬を中団から上がり最速で差し切る内容。着差こそクビ差しかなかったが、メンバー中唯一の上がり33秒台をマークするなど、切れる脚がここでも武器になる。

 2走前の未勝利戦で勝ち上がっているが、ここでは4角2番手から押し切る競馬。だが、ここでも上がり最速を計時するなど、切れる脚に加えて自在性があるのがポイントと言える。

 続く「○」は穴っぽいところで11番ラブリイユアアイズを指名。

 前走は牡牝混合戦だった京王杯2歳S(G2)。このレースには何頭か牝馬も参戦しており、1番人気も牝馬だったが勝ったのは牡馬。レースでは出遅れながらも5番手追走で、直線で前を捉えきれずの3着に終わっている。

 ここで勝ったキングエルメスだが、2走前のクローバー賞(OP)で実はラブリイユアアイズに完敗している。レースレベルの高低はあるかも知れないが、重賞を勝つくらいの牡馬と同等以上にやり合っている実績はここに入って見劣るものではない。

 ローテーションで見ると京王杯組は16年に一度だけ好走例がある。このときはレーヌミノルが該当馬だが、ご存じの通り後の桜花賞馬である。ちなみに勝ったのはオークス馬ソウルスターリング、2着はまだ記憶にも新しい名牝リスグラシューだった。



Source link

最新記事

もっと探る