8.6 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチスロ「消化分のゲーム数...

パチスロ「消化分のゲーム数をまるごと上乗せ」!? 事故多発の激ヤバマシンが撤去… – パチマックス


 かつて、ここまで上乗せに特化したマシンはあっただろうか。しかも、その上乗せを射止められるか否かは完全にヒキ次第なのだから、レバーを叩く拳に力が籠るのも無理はない。

 11月30日に惜しまれつつも撤去期日を迎える京楽産業.の『ぱちスロ仮面ライダーBLACK』は、ART機能「ライジングRUSH」のみで出玉を増やす仕様。主な突入契機は2種類あるCZで、「ライダーチャンス」へはチャンス役成立時、「創世ゾーン」へは規定ゲーム数到達時の抽選クリアで当選する。

 15G継続のライダーチャンス中は小役成立でポイントが加算され、規定数到達でART確定。規定数に満たなければポイント数に応じてART抽選が行われるほか、本前兆中に8pt以上貯まった場合は「フルスロットルライダーチャンス」へ振り分けられることで高期待度が示唆されるといった特徴もある。

 創世ゾーンは5G継続で、この間は内部レベルと成立役を参照してARTの当否をジャッジ。背景色が変化するほど期待度は高まり、最終的に変身成功でARTが約束される。

【注目記事】

パチスロ「驚愕の7万枚」を史上最強のマシンで達成…

パチスロ「一撃5000枚オーバー」の大爆発!! 撤去間近の爆裂5号機で歓喜到来!

 ARTは1G純増約2.0枚、初期ゲーム数は40or100Gで、消化中はチャンス役成立でゲーム数直乗せ及び周期短縮に期待。周期到達時はCZ「ライダーチャンス」が始まり、これに勝利できればゲーム数上乗せor特化ゾーンへと繋がる。

 CZは「フルスロットルアタック」と「ブラックバーニングブレイク」の2種類で、前者は継続ゲーム数不定。対する後者はリプレイ3回入賞まで継続…との演出だが、基本的にはどちらも同じ内部システムで、モードと共に継続率もアップ=平均上乗せゲーム数も上昇する仕組みだ。

 ARTラストには継続を賭けた「ライジングバトル」がスタートし、初期HPはブラック(味方)が5HP、シャドームーン(敵)が8HP。ベル、ベルトリプ、チャンス役でブラック、リプレイ入賞でシャドームーンの攻撃となり、見事にシャドームーンを撃破できればART継続となるわけだが、この勝利時の恩恵こそが本機最大の特徴で、なんと前回消化分のゲーム数+最大100Gを加算した状態でARTが再発動するのである。

 よって、ゲーム数を上乗せすればするほどライジングバトルのアツさが激増。時として勝利で4桁ARTが確定する状況へと発展するケースもあり、一撃で万枚を吐き出すことも珍しくない。

 設定推測要素はチェリー&スイカ出現率、弱チェリーや弱スイカからのCZ突入率、ART突入時のBAR揃い割合、ART終了画面など。天井はART間1280G消化で、到達後はARTへ突入する。 



Source link

最新記事

もっと探る