16.6 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチンコ『牙狼』最新作がさ...

パチンコ『牙狼』最新作がさらなる進化を遂げてデビュー!? 初当り性能を高めるなど再び大ヒットの予感! – パチマックス


 現行機最強クラスの出玉性能を実現し、ホールの主軸機種として絶賛高稼働中の『P牙狼月虹ノ旅人』(サンセイR&D)。大当り確率約1/319、ラッシュ突入率50%、継続率81%、そして低確率状態950回転消化で突入する「遊タイム」機能は“ラッシュ直行”と、あらゆる場面で一撃大量が狙える仕様となっている。

 そんな本機だが、今年9月に別スペックとなる『P牙狼月虹ノ旅人絆XX-NH』が検定を通過。公式からのアナウンスはまだの様子だが、具体的なスペックに関しては、業界内ではさまざまウワサが飛び交っている状況だ。

「基本的なゲーム性は前作とほとんど変わらないようですが、今作には救済機能である遊タイムが搭載されておらず、その代わりに“初当り出玉やラッシュ突入”を高めた仕様となっているそうです」(パチンコライター)

 先述した通り、『牙狼月虹ノ旅人』の場合は遊タイム突入=ラッシュである。そのため、この天井機能に助けられた方も多いだろうが、その弊害として、ホールは台のコンディションを悪くせざるを得ない。実際、遊タイム搭載機は全体的に渋い印象が極めて強く、そのような悪条件で打つプレイヤーからは「とても打てるレベルではない」「投資スピードがえぐい」といった嘆きの声も多く聞こえてくる。

【注目記事】

パチンコ新台『乃木ぱ』の実戦が話題!「驚愕の完成度」に称賛の声が続出!!

パチスロ「ウマすぎる狙い目」ズラリ!? 狙える6号機ランキング最新版!!

 そうした中でデビューする、遊タイム非搭載版『P牙狼月虹ノ旅人絆XX-NH』の存在は、扱いに困るホールのみならず、プレイヤーにとってもありがたいことだろう。前作以上の稼働も十分に見込めるだけに、双方が納得のいく遊技環境へ改善されることを祈るばかりである。

 さて、そんな『牙狼』最新作デビューで盛り上がるパチンコ界だが、そんななか、同社は11月17より「『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』YouTube公開応援リツイートキャンペーン」を実施中だ。

 キャンペーン内容は、応募者の中から抽選で10名の方に「2022年度牙狼カレンダー」が当るというもの。応募方法は公式Twitterアカウントをフォローし、対象のツイートをリツイートすれば完了だ。

 なお、締め切りは同月23日22:00まで。終了までもう間もなくなので、まだ参加していない方は急いで応募しよう。





Source link

最新記事

もっと探る