11.7 C
Tokyo
Home経済最新ニュースシドニー外為・債券市場=豪...

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル横ばい、弱い経済指標が見通しに影 | ロイター


[シドニー 18日 ロイター] – オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルがほぼ横ばい。軟調な国内経済指標を受け、今年見込まれていた力強い景気回復に不透明感が生じている。

豪ドルは、米祝日で小動きとなった前日に続き、ほぼ横ばいの0.7215米ドル。

NZドルも0.6795米ドルでほぼ変わらず。先週の高値(0.6890米ドル)を大きく下回る水準となっている。

両通貨とも国内経済指標が失望を誘う内容となった。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)と調査会社ロイモーガンが公表した1月10─16日の豪消費者信頼感指数は7.6%低下し、2020年10月以来の水準に落ち込んだ。新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大を受けて、人々が自主的に外出を避けたことなどが影響した。

ニュージーランド経済研究所(NZIER)が発表した2021年第4・四半期の企業信頼感も、コロナ規制やコスト上昇の影響で前期から悪化。同四半期に値上げしたとの回答は約52%に上り、1987年以来の高水準となった。

キウィ銀行のチーフエコノミスト、ジャロッド・カー氏は「インフレ圧力は鮮明で、加速しているようだ」と指摘。「国境閉鎖で有能な人材確保が一段と困難になっており、異例の労働市場逼迫が賃金を押し上げている」と述べた。

その上で、NZ準備銀行(中央銀行)が2月23日の次回会合で25ベーシスポイント(bp)の追加利上げを決定するとの見方を示した。

市場は2月に政策金利が1%に引き上げられ、10月までに2%に上昇する可能性を完全に織り込んでいる。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください



Source link

最新記事

もっと探る