26 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチンコで沖スロを彷彿とさ...

パチンコで沖スロを彷彿とさせる「激アツ32回転」を楽しめる! 新台分析- P沖7し~さ~ば~じょん- – パチマックス


『鳳凰』や『シャカRUSH』など、独自のゲーム性を有するパチンコ台を手掛けるマルホン工業。そんな同社といえば、今年リリースした『P天龍∞2』の活躍が記憶に新しい。

 3段クルーン突破で大量出玉(6000発)を獲得できるという過去作のフローを踏襲。大当り終了後には新たなギミック「第4のクルーン」が機能し、ここで再びV入賞すれば「1万2000発」を一撃で獲得できる。爆発力に富んだスペックで、一部ファンから絶大な支持を得た。

 本機のデビューから約半年。この間、新機種のリリースを行っていなかったマルホン工業だが、長い沈黙を破って遂に人気シリーズ最新作を導入予定だ。沖スロを彷彿とさせる激アツ32回転を楽しめる『P沖7し~さ~ば~じょん』が、間もなくホールへと降臨する。

『P沖7し~さ~ば~じょん』(マルホン工業)

パチンコで沖スロを彷彿とさせる「激アツ32回転」を楽しめる! 新台分析- P沖7し~さ~ば~じょん-の画像2
マルホン工業HPより

■大当り確率

・低確率

「1/150.0(設定1)」「1/138.9(設定3)」「1/125.0(設定6)」

・高確率

「1/41.21(設定1)」「1/38.27(設定3)」「1/34.40(設定6)」

■確変:80%(36回転)

■時短(電サポ):全特賞後32回

■賞球:1&1&3&7&15/8カウント

■大当り振り分け

BIG BONUS「10R確変・1200発」40%

REG BONUS「3R確変・360発」40%

BIG BONUS「10R通常・1200発」10%

REG BONUS「3R通常・360発」10%

○○○

 3段階の設定が設けられたライトスペックで、大当り確率は「1/150.0(設定1)~1/125.0(設定6)」。遊びやすい上に「し~さ~」が光れば大当りというシンプルなゲーム性が特徴となっている。

 確変突入率は80%(36回転)で、通常・確変ともに大当り後は電サポ32回に突入。ここでの大当り確率は確変であれば「1/41.21(設定1)~1/34.40(設定6)」にまで上昇する。

 大当り出玉に関しては「10R確変・1200発」40%、「10R通常・1200発」10%と、合計50%で最大出玉の獲得が可能。総合的に安定感の高いスペックといえるだろう。

 また大当りを告知する『し~さ~』ギミックに関しては、各ホールの希望で店舗ロゴやキャラクターなどに変更するサービスが存在。遊技するホールによって、異なる大当り告知を楽しめる点も魅力の一つだ。

『P沖7し~さ~ば~じょん』の導入予定日は12月20日となっている。



Source link

最新記事

もっと探る