8.6 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチンコ新台「3000発→...

パチンコ新台「3000発→1500発81%ループ」!? 約1時間で6万発も話題の激アツ分野!! – パチマックス


 先日、超人気ライトノベルを原作とするアニメとのタイアップ機の詳細が発表された。

 昨年を代表する藤商事のヒット作『Pとある魔術の禁書目録』。大当り後は必ず電サポ150回のSTへ突入する安心仕様ながら、大量出玉を生み出すポテンシャルの高さへ称賛の声が続出した。そんな「とある」シリーズ最新作『Pとある科学の超電磁砲』が間もなく登場する。

 大当り確率は1/239で、100回or3000回まで継続する連チャンモード「超電磁砲RUSH EXTRA」の継続率は約80%。右打ち中は39%が約2000発、約10%が約3350発という設計だ。

 最大約4700発を獲得できる振り分けも、わずか1%ではあるが用意されている。「HYBRID MIDDLE」と呼ぶに相応しいスペックだろう。原作ファン納得の演出&強烈な出玉力を武器に、旋風を巻き起こしそうな気配だ。

【注目記事】

パチンコ「エピソード成功=15R確変」の激熱フローでファンを魅了…ドラマチック仕様の初代を振り返る

パチスロ「魅惑の激甘スペック」に続く歓喜…限界への挑戦「MAX Aタイプ A-280」へ熱視線!!

「とある」シリーズが熱視線を浴びている状況だが、アニメ化もされた人気作品という意味では『Pバキ319ver.』の活躍も記憶に新しい。

 超人気格闘漫画を題材にした本機は、継続率約85%の「バトルモード」が出玉のカギを握る。右打ち中の大当りは80%が10Rと強力。「怒涛の秒殺決着ッ!」というキャッチコピーに相応しい強烈な出玉性能で、「1時間ちょっとで6万発」といった驚愕の報告も浮上している。

 筐体上部にはインパクト抜群のギミックを搭載するなど、原作好きにはたまらない要素も注目のポイントだ。個人的には好印象であるが、尖ったスペックということで様々な反応が見られる。しかしながら、時速6万発のポテンシャルに惹かれているユーザーも多いようだ。予想以上の存在となる可能性もあるだろう。今後の展開に注目である。

 そんな『Pバキ319ver.』を発売した平和といえば、この先に控えている国民的人気漫画・アニメ作品「ルパン三世」シリーズも見逃せない。

 常に、スリルとロマンを追い求める主人公のルパン三世。仲間である、次元大介・石川 五ェ門・峰不二子も非常に魅力的なキャラクターだ。中でもアニメ内で“花を添える”峰不二子の存在は非常に大きい。

 悪女なのに、なぜか憎めない魅力を秘めた不二子さま。そんな彼女のセリフの中で記憶に残っているのは、「いい女っていうのはね、自分で自分を守れる女よ」である。この一言は、峰不二子という人間を物語っているのではないだろうか。「男たちに負けない強さ」を称賛するファンも多いと思う。

 話を戻すが、大好きな峰不二子も活躍するパチンコ「ルパン三世」シリーズが間もなく降臨。「初当りの半分が3000発+RUSH突入」という、破格のスペックを搭載した最新作へ注目が集まっている。



Source link

最新記事

もっと探る