12.5 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチスロ「現行機屈指の激ア...

パチスロ「現行機屈指の激アマ」「4号機時代のリバイバル」など注目作を続々投入! トップメーカー「2021年の軌跡」を振り返り! – パチマックス


 今年も4号機時代のリメイク機を中心に多数の話題作を投入したユニバーサルエンターテインメント。そんな同社が歩んだ「2021年の軌跡」を、編集部がピックアップした3機種とともに振り返りたい。

『SLOT新ハナビ』

 先代『5号機ハナビ』のシステムを踏襲した本機は、2種類のボーナス(BIG:最大202枚、REG:最大112枚)と、BIG後に突入するRT「花火チャレンジ」「花火GAME」で出玉を伸ばしていくお馴染みのゲーム性。

 BIG中は、前作と同じく左リール中段に赤七絵柄をビタ押しして1度だけ9枚役を奪取→以降は逆押しフリー打ち消化で最大払い出し枚数を得られる仕様で、一方のREGは毎ゲーム、中押し消化で全リールに氷絵柄を狙えば15枚獲得=最大獲得枚数というゲーム性へと変化。これらを駆使することで出玉率は設定1でも「102%」に達し、その甘さは6号機屈指と言っても過言ではない。

『SLOT劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語』

 本機は、純増約2.5枚の差枚数管理型AT「マギカラッシュ」が出玉増加の軸。主な突入契機は、規定ゲーム数消化やCZ、レア役からの直撃当選などで、CZ「朽ちた墓地」はAT以上が濃厚となる。

「マギカラッシュ」は初期枚数100枚以上からスタートし、消化中は新機能「ソウルジェムシステム」があらゆる場面で発動。ソウルジェム点灯中は対応役(ハズレ、リプレイ、ベルなど)を引ければレア役扱いとなり、これが「マギカアタック」や「ワルプルギスの夜」といった上乗せ特化ゾーンと絡み合うことで、大量上乗せに期待できるわけだ。



Source link

最新記事

もっと探る