13.8 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチンコ新台「53連・一撃...

パチンコ新台「53連・一撃8万発」に続く朗報! 爆裂タイトル最新作を一足先に堪能できる!? – パチマックス


 大手パチンコメーカー「ニューギン」は、2021年も数多くの機種をリリースしホールを盛り上げていた。

 約93%継続という超高ループRUSHを搭載した『Pデビルマン疾風迅雷』は、持ち前の連チャン性能と出玉スピードを武器に活躍。ネット上では「約2時間で185連・一撃9万発」という驚異的な実戦結果も報告され、大きな話題となった。

 そんな本機に続く連チャン特化マシンとして登場した『P009 RE:CYBORG ACCELERATOR EDITION』は、高い人気を誇る過去シリーズ作を完全再現したリメイク機。テンポ良く消化できる約90%継続のSTと最大10Rとなる多彩な振り分けの大当りによって、CR機を彷彿させるゲーム性を楽しめる仕上がりだ。

 このように魅力的なマシンを提供し続けているニューギンといえば人気タイトル『花の慶次』シリーズも忘れてはならない。12月に登場した『P真・花の慶次2〜漆黒の衝撃〜EXTRA RUSH』は、ライトミドルながら「約81%継続×ALL1500発」という破格のRUSHを実現させた大注目の機種である。

【注目記事】

パチンコ「ST突入率100%×16R比率88%」をライトミドルで実現! CR機最後の爆裂タイトルで「一撃5万発」を狙う!!

パチンコ新台「14万発」も余裕の爆発力で覇権タイトルへ名乗り!?  遊技性も大好評の斬新筐体が未来に向かって咆哮!!

『P真・花の慶次2~漆黒の衝撃~EXTRA RUSH』(ニューギン)

パチンコ新台「53連・一撃8万発」に続く朗報! 爆裂タイトル最新作を一足先に堪能できる!?の画像2
ニューギンHPより

■大当たり確率:1/199.8→1/100.2

■転落確率 1/100.2

■RUSH突入率:約37%

■RUSH継続率:約81%

■時短回数:10,000回or40回

■C時短確率:特図1→1/4369.06 特図2→1/73.63

■C時短回数:50~200回

※特図1からのC時短突入は時短75回転

■賞球数 1&5&15

■大当たり出玉 約450発 or 約1500発

■大当たり内訳

・特図1

「3R確変」1%

「3R通常」99%

・特図2 

「10R確変」100%

○○○

 本機は大当り確率1/199.8のライトミドルで、前作と同様の転落抽選タイプ。また、C時短を駆使した画期的システムが取り入れられているのが特徴である。

 初当り時は7図柄揃いであれば最上位モードへ直行し、それ以外の図柄揃いの際は電サポ40回の時短(RUSH)へ移行(トータル突入率は約37%)。この40回転を突然時短で上乗せしながら大当りを射止めることができれば、「約81%継続×ALL1500発」の激アツRUSHへ突入する仕様だ。

 突破型の新たな形を生み出した本機の評価は上々といった印象。中には「53連・一撃8万発」という驚異的な出玉も報告された。ライトミドルながら、P機最強クラスの出玉性能を実現させたといえるだろう。

 そんな激熱マシンを導入したニューギンだが、2022年には更なるサプライズを用意している。「アノ目玉機種」の激アツ情報が公開され話題だ。



Source link

最新記事

もっと探る