8.6 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチンコ新台「4700発フ...

パチンコ新台「4700発フラグ」搭載マシンなど超大物が始動! 強力コンテンツのタイアップ機が激アツ!! – パチマックス


 来年のことを言うと鬼が笑うなどとことわざにもあるが、来年の笑っちゃうくらい激熱のパチンコ新台『Pとある科学の超電磁砲(レールガン)』の機種サイトが公開された。

 大当り確率が1/239でRUSH継続率が約80%、さらに大当りの半分が2000発以上の出玉を獲得できる「ハイブリッドミドル」のスペックは既報通りだが、詳細な内容にも触れられている。

 右打ち中の出玉振り分けだが、約2000発出玉が39%、約3350発出玉が約10%、そして1%の割合ながら最大で約4700発の出玉を獲得できるようになっているのだ。連チャンモードとなる「RUSH EXTRA」は100回or3000回の電サポモードで、RUSH中の出玉は大当り3回分の合計払い出しを示している。これはラウンド振り分けの異なる3回1セットといったイメージだ。

 RUSHは「超電磁砲」と「学園都市」の2つのモードが用意されプレイヤーが任意で選べるようになっている。どちらも発展ルートによってリーチが変化し、それぞれの演出に成功すれば大当りとなる。また大当りの際にはラウンド数の告知方法を「チャンス」「自力」「一発」のなかから選択できる(超電磁砲RUSH RXTRAはチャンスと一発告知の2種類)ようになっている。

【注目記事】

パチンコ新台「一撃10万発」射程の超RUSHへの突入率を強化! 超速出玉時代の頂点へ!!

2021年「パチンコ販売台数」トップはあの老舗メーカー! 総台数は前年比116%の約110万台

 RUSH突入率はトータルで約50%。ヘソ抽選からの直撃パターンもあるがほとんどの場合は「超電磁砲RUSH CHALLENGE」へ。100回転以内にチャレンジに成功すればRUSHに昇格となる。

 原作ファンも納得の豊富な演出とスペシャルな出玉性能を搭載した話題のニューマシン。多くのユーザーが期待に胸を高鳴らせていることだろう。

 一方、コンテンツ力では『とある科学の超電磁砲』にも引けをとらない『ストライクウィッチーズ』のシリーズ最新作にも動きがあった。三洋の公式YouTubeチャンネル「SANYOチャンネル」にてパチンコ新台『Pストライクウィッチーズ2』の速報ムービーが公開されたのだ。

 動画には「side-A」と「side-B」の2種類があり、前者では主要キャラが銃撃戦を展開したあとに筐体のシルエットが浮かび上がるパターンで、「秒で撃ち抜く電撃戦開幕」のキャッチコピーが最後に表示される。

 もうひとつの「side-B」は「side-A」の続きといった雰囲気で、side-Aで流れた最後のシーンを受け継いでムービーがはじまる。映像はキャラのイメージがメインとなるディザー仕様だ。

 詳しい内容にはまったく触れられていないが、「11人のウィッチが繰り広げる『超爽快バトル』に備えよ」との説明文から本機の特徴が浮かび上がってくる。

 前作『CRストライクウィッチーズ』は高いST突入率と次回大当り期待度を備えたSTマシンだったが、P機になってどのようなスペックやゲーム性になっているのか興味は尽きない。



Source link

最新記事

もっと探る