19.9 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナル月収「400万円」の演者も...

月収「400万円」の演者も!? 業界の重鎮たちが「アノ演者」たちについて赤裸々発言!! – パチマックス


 昨今、パチンコ・パチスロライターの公営ギャンブルへの進出が目立つ。とりわけ、ボートレースの配信動画などには多くのライターが出演しており、日々、各場へ飛び回っている者もいるそうだ。

 そんなパチンコ・パチスロライターのボートレース進出について、業界の大御所であるヒロシ・ヤング氏は自身のYouTubeチャンネル「ヤングちゃん、寝る」内で持論を展開。いつもながらの歯に衣着せぬ物言いで、大きな反響を呼んでいる。

 ヤング氏によると、ボートレースの仕事に携わったことで「月収400万円」に達し、「持ち物が変わった」ライターもいるそうだが、そもそも、その道を切り開いたのはういち氏とのこと。ういち氏は元々、ジャンルを問わず面白いと感じたことを追求するタイプで、たまたまのめり込んだボートレースへの楽しみ方が元来のファンにも共感してもらえたことで、現在の地位を確立したという。

 パチンコは、公営ギャンブルよりも圧倒的な参加人口を誇る。加えて、公営ギャンブルと違ってライトユーザーも少なくないことから、その客を引っ張りたいボートレース側の思惑によって、イベント規制で来店仕事が減ったライターたちが起用されているそうだ。

 一方、ヤング氏と急遽、動画にゲスト参戦した大崎一万発氏は、このボートレース進出に「完全に乗り損ねた」と苦笑い。ただ、両氏共に公営ギャンブルは「他人がやるレースを予想して応援すること自体が嫌」とのことで、パチンコ・パチスロ、麻雀などが「自分でやるから性に合う」と語っている。

 またヤング氏は、人気ライターたちのボートレース進出にコアなパチンコ・パチスロファンが「裏切り」と感じることに対しても納得。実際、該当ライターに対して「(来店イベントに)二度と呼ばない」と宣言したホール関係者もいるそうだが、ヤング氏は「俺たち出演者は同業の仲間でもある」とし、「お金をもらえるなら…」とボートレースへの鞍替えにも一定の理解を示した。

 振り返れば、パチンコ・パチスロライターは業界の盛り上がりに比例して増加した。だが、今はジリ貧で仕事がなくなり、「他の仕事として見つけたひとつがボートレース」とは大崎氏の談。両氏の結論としては、仕事のスタンスはどうあれ「みんな食っていかなきゃならん!!」とのことであった。

【注目記事】

甘デジ新台「50%で2400発獲得」役満級の大当り性能に熱視線!【新台分析―パチンコ編―】

パチスロ新台『ニューパルサーDX3』安定の活躍を期待!!

パチンコ「玉の動き」で感情を揺さぶる激アツ役物!!



Source link

最新記事

もっと探る