20.2 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチスロ新台「上乗せ191...

パチスロ新台「上乗せ1910枚」も射程の超特化ゾーンに驚愕!「最大97%ループ」の伝統バトルなど爆裂要素が盛り沢山!! – パチマックス


 大手メーカーとして数々の人気シリーズを手掛けるサミー。パチスロ新台としてリリースした『パチスロディスクアップ2』・『パチスロアラジンAクラシック』は、どちらも好調な滑り出しを見せている印象だ。

 前者は激アマ5号機として絶大な人気を誇っていた『パチスロ ディスクアップ』の後継機。フル攻略すれば設定1でも機械割103%となるお馴染みの仕様は健在で、今作では新たに「極・技術介入」といった目押し力が更に試される要素も追加されている。

 お馴染みのゲーム性が更に進化。ユーザーからの評価も上々といった印象で、技術介入機として前作同様に息の長い活躍をしてくれそうな気配だ。

 後者の『パチスロアラジンAクラシック』に関しては、純増約2.9枚/1セット30GのAT「アラジンチャンス」をループさせて出玉増加を狙うゲーム性。AT当選に期待できる「状態」は、ショート、ロング、超ロングの3段階あり、展開次第でATの大連チャンにも期待できる。

【注目記事】

パチスロ期待の6.2号機に「万枚クラス」が多数!激アツ爆裂AT完全復活か!?―初打ち実戦速報―アラジンAクラシック

パチンコ「10万発にも負けぬ興奮?」を与えた名機…刺激的な革新マシンが引退へ

 また、20G~最大1000G継続となる「スーパーアラジンチャンス」や、ATストック特化ゾーンの「裏AC」といった出玉トリガーも搭載。導入後は「万枚クラス」の履歴や「一撃8000枚」データが確認されるなど、爆裂AT時代を象徴するマシン『アラジンA』の後継機に相応しい出玉パフォーマンスを披露している。

 このように、サミーの人気タイトル最新作がパチスロ分野を大いに盛り上げている状況だが…。同社はこれらに続いて看板シリーズの激アツ新台を発表した。

「最大97%ループ」の伝統バトルを筆頭に、強力な出玉トリガーを搭載。己の拳で未来を切り開き、怒涛のAT展開を堪能できるゲーム性に熱い視線が注がれている状況だ。



Source link

最新記事

もっと探る