19.8 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチスロ高評価マシンを超え...

パチスロ高評価マシンを超える「刺激的な要素」も!? 大ヒットを予感させる詳細に注目!! – パチマックス


 2022年も気づけば早くも1ヶ月が経過しようとしている。巷では5号機との別れを惜しむ声が目立つが、ホールに残り奮闘していく6号機も侮れないマシンばかりだ。

 特にアデリオンの『パチスロ バイオハザード7 レジデント イービル』は見逃せない。2021年に登場したマシンの中でも飛び抜けて評価が高い印象だ。

 それもそのはず、本機にはパチスロユーザーを刺激する様々な仕掛けが設けられている。レア役でしっかりと上乗せするATは遊技歴を問わず多くのプレイヤーから支持されており、シリーズお御馴染み「増殖」はファンを興奮させた。

 何よりAT当選時に発生するフリーズ演出が多くのユーザーを魅了。4号機『ミリオンゴッド』の時代から、パチスロ打ちは「プチュン」という音と共に液晶がブラックアウトする演出には弱いものである。

【注目記事】

パチスロ「設定不問で大量ストック」が狙える極限マシン! 継続率80%の激熱バトルが一撃出玉を誘発…あの人気タイアップ機を振り返り!!

パチンコ「右50%2400発」でゴチポケット完備! 踊るようにファンを魅了した超大物タイアップ機!!

 そんな名機を世に送り出したアデリオンだが、1月11日に新台「パチスロ デビル メイ クライ 5」の発売を発表。ユニバーサルエンターテインメントが販売、アデリオンが製造を担当しているようだ。

 カプコンとユニバーサルエンターテインメントのスペシャルコラボレーション第2弾となる本機は、シリーズ20周年を迎えた人気スタイリッシュアクションゲーム「デビル メイ クライ」シリーズから、最新作「デビル メイ クライ 5」をモチーフにしたマシンとなる。

 1Gあたり純増約3.5枚の差枚数管理型ATを搭載しており、主人公の「V」「ダンテ」「ネロ」に対応する3役(Vベル・ダンテ目・リプレイ)のコンボが、展開のカギを握るゲーム性だ。

 既に特設サイトやPVなども公開されており、そこでは断片的ながらスタイリッシュなリールアクションや洗練された演出などを確認することができる。

 YouTubeの公式チャンネル「ユニバチャンネル」においても試打解説動画が配信されており、ゲーム性や叩きどころなどを解説。その様子は『【パチスロデビルメイクライ5】〜ユニレポ〜最新ユニバマシンの情報を最速レポート』で確認可能だ。

 解説を担当するのベテランパチスロライター「嵐」。パチスロへの情熱が特に深い人物と言われており、解説の手腕にも定評がある。今回の解説動画も非常に明快だ。

 動画では『パチスロ バイオハザード7 レジデント イービル』と同等にプレイヤーを刺激する演出が発生。今作もユーザーの期待に応えてくれそうだ。興味のある方はチェックしてみてはいかがだろうか。

(文=大松)

<著者プロフィール>

 4号機『大花火』でホールデビューし、『パチスロ北斗の拳』でドハマリ。6号機は『パチスロ モンスターハンター:ワールド™』がお気に入り。G&Eビジネススクール卒業後、プログラマーや事務職を経験。現在はライティング業務に従事する傍ら「パチスロガチ勢」として活動中。パチMAXでは主にハイエナ実戦記事や動画レビュー記事を担当。常に攻略情報に注目しており、「6号機でも勝てる」を心情に有益な情報を紹介中。



Source link

最新記事

もっと探る