13.8 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチスロ「万枚」を予感させ...

パチスロ「万枚」を予感させるループを体感…新台『押忍!番長ZERO』実戦レポート!! – パチマックス


 パチスロの歴史にまた1ページ。

 1月31日、パオン・ディーピーから人気コンテンツ「番長シリーズ」最新作となる6.2号機『押忍!番長ZERO』の全国導入が開始された。

「番長シリーズ」といえば4号機の時代よりパチスロシーンを牽引してきた大物。5号機『押忍!番長3』の引退に合わせて登場するだけあり、ユーザーからの注目度も非常に高い。

 そんな本機を導入当日に実戦。その様子をレポートさせていただく。

 同日は新台のみ11時開放。抽選を勝ち取り台の確保に成功したが、本日中に記事を執筆するため16時まで計3813Gの実戦となっている点はご了承いただきたい。

【注目記事】

パチンコ店で「確変横取り」を目論むハンター!? 強引すぎる行為に苦情殺到…

パチンコ店は「ヘリコプター」と同じくらいの騒音レベル!? 「カチっ!カシャ!ギー!」自宅だと騒音対策は必須…

 本機はポイントやレア役で疑似ボーナスを目指す。主に疑似ボーナス中の7揃いからAT「頂ROAD」を狙っていく『押忍!番長2』や『押忍!サラリーマン番長』のようなゲーム性だ。

 メダルを入れていくと主人公「轟鋼鉄」から紫のオーラが漂っている。どうやらリセット後やAT後には同状態となり、初当りが優遇されているらしい。

 要するに「自力での天国」が狙っていける仕様である。

 初当りとなったのは初回特訓からの対決。無事に「自力天国」を勝ち取ったようだが、疑似ボーナスはなんと「青7」であった。非常に幸先が良い。



Source link

最新記事

もっと探る