19.4 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチンコ超スピード設計×高...

パチンコ超スピード設計×高継続の「超爽快ライトミドル」出撃!! – パチマックス


 秒で撃ち抜く超爽快ライトミドル降臨。

 パチンコ『海物語』シリーズなどで有名な三洋物産はこのほど、最新タイトル『Pストライクウィッチーズ2』の機種サイトをオープンし、その詳細を明らかにした。

 ストライクウィッチーズは美少女とミリタリーを組み合わせたメディアミックス作品で、初のパチンコ化は2018年の『CRストライクウィッチーズ』。翌年2019年には甘デジバージョンの『PAストライクウィッチーズ遊パチ』が登場し、ライトユーザーにも人気を博した。

 それ以来となる本機は『P大工の源さん 超韋駄天』シリーズの超スピード設計×高継続を継承した1種2種混合タイプで、大当り確率は約229.1分の1。初回大当りが7図柄揃い「超ストライクBONUS」(3R)ならば時短254回+残保留4個の「ビクトリーフライト」となる。

【注目記事】

「パチスロのデパート」閉店に衝撃…思い出やエピソードを語る【アニかつ・濱マモルの回胴酔虎伝Vol.22】

パチスロ「激甘」目押しマシンの最新攻略情報! 基本的に先代の「知識流用」が可能

 7以外の図柄揃い「ストライクBONUS」ならば時短1回+残保留4個の「ロード・トゥ・アサルト」(3R)へ移行し、これらの間に約6.5分の1の図柄揃いを引き当てられれば「アサルトRUSH」が発動する。

 ちなみに、7図柄揃いor7以外の図柄揃いの振り分け割合は4対96。トータルRUSH突入率は約58%だ。

 アサルトRUSHは時短10回+残保留4個で、時短10回消化中は秒速変動による瞬間決着。ラスト4回は「FINAL WITCH ATTACK」が始まり、トータルRUSH継続率は約90%を誇る。

 RUSH中の大当りは3R約330個、10R約1,100個の2パターンで、10R振り分け割合は20%。5回に1回は約1,100個の出玉を得られるのだから、ヒキ次第では瞬く間に出玉を積み上げることができる。

 演出について述べると、通常時は液晶・ギミック・ランプなど、あらゆる箇所で期待度を示唆。「コア背景」「強襲ゾーン」「魔眼ゾーン」といった特殊ゾーンへの突入は期待大で、左図柄に連続で同じ絵柄が停止した場合もチャンスを迎える。

 リーチは「バトルSPリーチ」を起点にチャンスルートへ発展するのが基本で、大当りの3回に1回は仲間が参戦する「バトルSPリーチ 後半」を経由。ロゴギミック煽り予告からのギミック落下は「エピソードSPリーチ」、最終話タイトル出現は「天空より永遠にSPSPリーチ」へ発展し、どちらも期待度は65%を超える。

 また、キャラ群の登場や金色演出の発生は激アツ。バトルSPリーチのキャラが前回の同リーチと同じだった場合も、大当りに大きな期待が持てるようだ(途中で大当りを引いた場合を除く)。

 アサルトRUSHの時短10回中は予告が発生した時点で大チャンス。PUSHの出現は10RorVスタンバイが濃厚だ。残保留4個のFINAL WITCH ATTACK中は「バトルタイプ(攻防変化)」「ボタンタイプ(タイミング)」「クルーンタイプ」など計11種類の演出が用意されており、プレイヤーの好みで選択することができる。

 なお、導入は3月7日の予定だ。



Source link

最新記事

もっと探る