20.8 C
Tokyo
Home日本語ITニュースAI査定を活用した中古流通...

AI査定を活用した中古流通事業「renotech」 物件売却価格を事前に想定できる | Ledge.ai




株式会社アールプランナーは、サスティナブルな社会の実現に向けた取り組みを強化するためAI査定を活用した優良中古物件流通事業「renotech(リノテック)」を開始したと発表した。

売却を検討している人は、AI査定によって売却価格を事前に想定して売却を検討できる。一方、中古物件の購入を検討している人には、戸建住宅設計で培われたノウハウを生かしてリノベーションを提案する。

renotechは、愛知県最大級の物件登録数の不動産情報サイトを運営するグループ会社「アールプランナー不動産」の豊富な物件の中から最適な中古マンションを提案する。

他の不動産会社が保有している情報、インターネット上で掲載されている物件情報、非公開物件情報まで取り扱い、さまざまな物件の中から納得のいく物件探しが可能。

renotechの機能は以下のとおり。

  • 名古屋市内を中心に、中古マンションをエリア、価格帯、間取り、築年数などの希望条件で絞り込み検索できる
  • 掲載されている物件から、毎月の支払いに合わせたプランをシミュレーションできる
  • AI査定によって、マンション名や部屋番号などの必要情報を入力するだけで査定価格を確認できる
  • イベントや見学会などrenotechの最新情報が届く
  • renotechのリノベーション事例を確認できる

同社のリリースによると、今後は希望条件にマッチした物件情報がメールで届くマッチング機能の追加を予定しているほか、名古屋市外への対象エリアの拡大や戸建住宅の情報も掲載するなど、利用者のニーズに対応した情報を提供していくという。

>>ニュースリリース


クリック数






Source link

最新記事

もっと探る