20.7 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチスロ「5号機最後の打ち...

パチスロ「5号機最後の打ち納め」で名機実戦も…大敗!? 万枚報告も飛び交った看板シリーズ機を約4000G回した結果は… – パチマックス


 ひろ吉のパチスロ「実戦」紹介。今回は、パチスロ界で絶大な人気を誇る『押忍!番長3(以下、番長3)』について書いていきたい。

 本機は純増約2.0枚のART機で、通常時はベルの規定回数入賞やレア役で対決抽選を行い、その対決で勝利できればARTへ突入。対決は期待度の異なる「弱・中・強」があり、消化中は成立役(主にベル、レア役)で逆転抽選も行われている。

 ART「頂JOURNEY」はセット数管理型で、消化中は対決発展→勝利でストックを上乗せ。その上乗せストックにはループストックなる機能も存在し、一回の勝利で複数ストックすることもある。

 さらに、ART中はBBモードに応じて、ボーナス期待度の高いセット数が変化。基本的に轟大寺へ移行して「番長ボーナス」突入をかけた対決が発生し、BBモードが天国であればボーナス確定だ。

【注目記事】

甘デジ「右半分10R×77%ループ」の出玉カーニバル開演!!

パチスロ6号機でも「最高峰の評価」…6000枚データ浮上の『ジャグラー』激アツ情報が話題!! 

 そのボーナス中は成立役でストックを抽選し、ストック期待度は「青7>赤7」というシリーズでお馴染みの性能。そしてボーナスの一部で突入する「絶頂対決」は、ライバル・鏡慶志郎との対決に勝利し続ける限りセット数を獲得していく本機最強の出玉トリガーとなっている。

 ここまでスペックについて説明してきたので、そろそろ本題の実戦内容を紹介していきたい。

 この日は特に期待できるわけでもなかったが、もうすぐ5号機が撤去となってしまうので、お別れ前に好きな5号機を打っておこうと思い『番長3』に着席した。

 朝一はなかなか対決に発展せず、300Gを超えたところで初の対決。しかし、何事もなく敗北してしまう。さらに450Gほどハマり、2回目の対決から特訓に移行し、そこから期待度の高い強対決に発展。ここでベルを2回引き、無事本日初のARTを獲得した。投資はいきなり1000枚になってしまったので、駆け抜けだけは勘弁してほしいところだ。



Source link

最新記事

もっと探る