19.5 C
Tokyo
Home日本のゲームイベント【インタビュー】ついに1周...

【インタビュー】ついに1周年!「リネージュ2M」開発ディレクターインタビュー – GAME Watch


 NCSOFTがサービス中のAndroid/iOS/PC(NCSOFTの独自クロスプラットフォーム「パープル(PURPLE)」を経由)用次世代オープンワールドRPG「リネージュ2M」。PC用MMORPG「リネージュ2」の正統後継作品としてモバイル向けにリメイクされ、3Dグラフィックス技術によりシームレスなオープンワールドが実現された作品だ。また多様性と自由度を兼ね備えた成長を楽しむことができるゲームデザインになっており、1万人以上が集まる大規模バトルを体験できる作品になっている。

 ついに「リネージュ2M」が配信されてから1年が経った。多数のアップデートで多くの追加要素が実装され、配信直後のボリュームや遊び方の幅はいまや比較できないほど広がっている。新たなエリア、新たな狩り場、新たなダンジョンに、新たなボス、新しい遊び方ができるエリアなど多岐に渡る。ほかのプレーヤーと出会い、協力し、時には競い合う、そんなオープンワールドRPGならでは、いや「リネージュ2M」だからこそ遊べる面白さは1年を経て大きく成長し、そしてこれからも成長していくことは間違いない。

 そんな怒涛の勢いで成長してきた「リネージュ2M」のリリースから1年の節目で、NCSOFT「リネージュ2M」開発ディレクターのキム・ナムジュン氏にメールインタビューを行なった。今後実装予定のコンテンツや、2022年のアップデート方針など貴重な情報をお届けしよう。

NCSOFT「リネージュ2M」開発ディレクター キム・ナムジュン氏

新規アリーナ ダンジョンや、新武器種「チェーンソード」など新コンテンツが続々登場予定

――まずは簡単に自己紹介をお願いします。

キム氏:こんにちは。NCSOFT「リネージュ2M」開発ディレクター キム・ナムジュンです。

――日本の「リネージュ2M」サービスの現状を教えてください。

キム氏:リリース後から現在まで、日本のプレーヤーのプレイ状況に合わせて順次アップデートを行なっております。アップデート速度は、韓国でのリリース後のアップデート速度より速く、新規コンテンツとシステムを順次公開していますが、日本プレーヤーのニーズを満たすための方法を悩んでおります。

 今後は、この1年よりもさらに早いスピードでアップデートを行なう予定です。

日本では「リネージュ2M」1周年のアップデートとして3月23日に「クロニクルV.血の盟約」を実装した

――今後登場する新システムがあれば教えていただきたいです。

キム氏:最初のアリーナ ダンジョン「古代の島」のように、様々なワールドのプレーヤーに出会ったり時には競い合ったり、または協力するアリーナ ダンジョンも追加される予定なので、楽しみにお待ちください。

 また近日中に「アデン領地」に新たな狩り場が追加される予定です。その後、新規武器種と「アガシオン」の登場や、「傲慢の塔」の上層も披露したいと思っています。

アデン領地に新たに実装予定の狩り場「過去の戦場」

アデン領地に新たに実装予定の狩り場「火炎の沼」

――実装予定の新規武器種について教えてください。

キム氏:名称は未定ですが新武器種の「チェーンソード(魔剣士)」があります。「チェーンソード」は伸びる武器を使用し、中短距離や広域攻撃までカバーする魔剣士コンセプトの武器種です。バインディングスキルで敵に強いダメージを与え、敵の動きを封じることができ、周辺の敵のHPを吸収して広域ダメージを与えることができるPvPに特化した武器種です。

 韓国では実装されていますが、日本での実装時期は検討中です。

韓国で実装済みの武器種「チェーンソード」は片手剣形態から鞭のように伸びる蛇腹剣状の武器。中短距離や広域攻撃までカバーする魔剣士をコンセプトとしている
※画像は韓国版の紹介映像

キム氏:また、「リネージュ2M」で唯一動きながら相手を攻撃できる新武器種「クロスボウ」を3月30日に日本で実装しました。

【【リネージュ2M】キャラクター紹介「モモ」】

新武器種「クロスボウ」は移動射撃や回避術を備え、機動力に優れる

――実装済みの武器種の使用割合について人気の偏りなどはありますか? もしあれば不人気な武器種の性能などテコ入れの予定はありますか?

キム氏:本社開発チームにおいても、武器種ごとのバランシング作業を重要だと考えています。プレイデータを検索して、リニューアルは着実に行なっていく予定です。

――これまでも様々なイベントをやってきたと思うのですが、これまでになかったような、新しい企画、新しい報酬、新しい内容のイベントがあれば教えてください。

キム氏:日本プレーヤーのニーズを考慮しながら、韓国のビルドとコンテンツ速度を合わせる予定で、今までにないプレイ方法と新規ダンジョンコンテンツが用意されていますので、楽しみにお待ちください。

――1周年前後のキャンペーンやアップデート内容について詳細を教えてください。

キム氏:1周年特設サイトにて公開しているように、複数のワールドのプレーヤーに出会い、競い合い、時には協力する最初のアリーナ ダンジョン「古代の島」が追加されました。

3月23日に新登場したアリーナ ダンジョン「古代の島」

5つのエリアからなりマップ中央にはボス「クストール」が眠る

【【リネージュ2M】古代の島】

――これは日本のプレーヤーに伝えたいというメッセージなどがあればお願いします。

キム氏:2022年はより多くのアップデートを、グローバルプレーヤーの皆様にお届けする予定です。様々なコンセプトの領地とダンジョン、そしてそれぞれの個性を持った武器種を順番に実装し、この1年よりさらに速いペースでアップデートを進めて、韓国ビルドとコンテンツの速度を完璧に合わせる予定なので、楽しみにお待ちください。

 最後にグローバルサービス1周年、いただいた声援に心より感謝申し上げます。この1年間にいただいたご期待と温かいお言葉のおかげで、私たち「リネージュ2M」は無事にここまで来ることができました。今後も楽しい旅程が続くようにより一層努力してまいります。ありがとうございます。





Source link

最新記事

もっと探る