22.3 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチスロ「設定〇以上出現」...

パチスロ「設定〇以上出現」で高設定に期待も…まさかの大敗! ベルの引きが勝敗を左右する人気タイアップ機を実戦!! – パチマックス


 ひろ吉のパチスロ「実戦」紹介。今回はアニメーション映画で大人気の作品をモチーフとしたパチスロ機『楽園追放』について書いていきたい。

パチスロ「左ボタンを連打するだけで小役やボーナスの出現率がアップ!?」

 本機は純増約4.0枚のAT機となっており、通常時はレア役や規定G数消化で「BIG BONUS」「Revolt to DEVA(以下、RD)」「AT直撃」の3つのルートからAT当選を目指す。

「BIG BONUS(以下、BIG)」は消化中の成立役に応じて「RD」や「AT直撃」抽選を行っており、7揃いはAT確定。また、AT中のBIGは防衛時間やG数上乗せのチャンスとなる。「RD」は25G+αのCZで、小役入賞により敵にダメージを与えていき、最終的に連続演出成功でAT当選だ(期待度は約45%)。

 純増約4.0枚のAT「FS(フロンティアセッター)防衛戦」は初期G数30G+α、防衛時間+G数上乗せタイプ+セット継続で、消化中は成立役に応じて防衛時間を上乗せしていき、特定の防衛時間に達すると「タイムイベント(1G完結のチャンス)」が発生。これをクリアすることで、G数上乗せ・残りG数の減算ストップ・「BIG」など様々な報酬を得ることができる。さらに、G数消化後は「エージェントバトル」に突入し、勝利時はG数を獲得してATへ復帰することも可能だ。

 タイムイベントとは別に、規定防衛時間到達時は10G間の「エピソード」が発生。消化中はレア役で「タイムイベント」獲得の抽選を行っており、規定時間が1220秒に到達すると有利区間完走が濃厚となるエンディングへ移行する。

 ここまでスペックについて説明してきたので、そろそろ本題の実戦内容を紹介していきたい。

 朝一は100Gを超えたところでスイカ2回とチャンス目を引き、まずはBIGをゲットするが、RDやATには当選せず。そこから210Gでチャンス目から再びBIGに当選し、消化中にチェリー、チャンス目を引きRDを獲得した。RD中はレア役を引けなかったが、押し順ベルやリプレイのみで勝率約40%となる「☆3.5」の連続演出に発展。無事勝利してATに突入させることができた。

 AT開始後、最初の「タイムイベント」からいきなりBIGを獲得し、32秒の防衛時間をゲット。さらに、獲得した防衛時間で発生した「タイムイベント」でG数の減算停止&タイムイベント高確率に突入する。ここで10G上乗せやBIGを引き、順調に出玉を伸ばしていくが……その後はなかなか「タイムイベント」を成功させることができず、800枚獲得で終了となった。出だしとしてはまずまずだったので、ここからさらに伸ばしていきたいところだ。

 通常に戻り、70G、160GでBIGと早めの当りを引くがATに繋げることはできず。その後、420Gまでハマりなんとか「RD」に当選するも残念ながらスルー…。2度目のATに入ることなく出玉は飲まれ追加投資となってしまう。そこからBIG6回、RD4回を引き、すべて“ATなし”というかなり厳しい展開となり、投資は1500枚まで膨れてしまったが……。



Source link

最新記事

もっと探る