25.3 C
Tokyo
Home日本のお金のニュース青春18きっぷ「初体験」は...

青春18きっぷ「初体験」はいつ? お金が無くて野宿 「日本って広いんだ」思い出はさまざま | 乗りものニュース


「青春18きっぷ」を初めて利用した時の旅行についてアンケートを実施。517人から回答を得ました。鈍行で行く「青春の長旅」は人それぞれに思い出があるようです。

全国鉄道旅行の必携品

拡大画像

不安と期待が入り混じる初めての長旅(画像:写真AC)。

「乗りものニュース」では2022年3月23日から29日にかけて、「青春18きっぷ」を初めて利用した時に関するアンケートを実施。517人から回答が集まりました。

「青春18きっぷ」はJR旅客各社が春・夏・冬に発売する企画乗車券で、普通列車が5日分乗り放題となります。

●初めて「18きっぷ」を使ったのは何歳のとき?

 半数近くが高校卒業後(47.6%)で、高校生のとき(23.2%)、中学生のとき(20.7%)、小学生のとき(5.0%)、それ以前(0.6%)と続きます。半数が小中高の間に「18きっぷ」を使用した経験がある、という結果となりました。

 高校卒業後の中でも、7割近くが20歳までに「初体験」しているという結果になっています。一方で、40歳を超えて初めて使った人も7人いて、最高齢は57歳でした。

●何がきっかけ?

「移動費が安く済む手段として選んだ」が62.1%で最も多く、次に多かったのが「以前から使うこと自体に憧れていた」(17.2%)、その他間接的なきっかけとして「友人・知人に連れられて」(17.2%)、「家族に連れられて」(5.2%)となっています。

 自由回答では「部活で」「学校行事で」という回答が少なからず見られました。右も左も分からない中、経験者と同行したり、仲間と支えあったりすることで、長距離旅行に対する「若さのハンデ」を克服しているようです。

 また、60代以上で顕著に見られたのが、前身の「青春のびのびきっぷ」をはじめ、「最初の発売がきっかけ」ということです。「さっそく飛びついた」「これはいいなと思った」と、日本全国への鉄道旅行に目覚めた機会とする人たちが多くいました。