19 C
Tokyo
Home経済最新ニュース独主要経済研究所、今年の成...

独主要経済研究所、今年の成長率予想を2.7%に下方修正へ=関係筋 | ロイター


ドイツの主要経済研究所が2022年の成長率見通しを4.8%から2.7%に下方修正することが分かった。ハンブルグ港で2012年9月撮影(2022年 ロイター/Fabian Bimmer)

[ベルリン 12日 ロイター] – ドイツの主要経済研究所が2022年の成長率見通しを4.8%から2.7%に下方修正することが分かった。ウクライナ戦争が響くという。関係筋が明らかにした。

RWI経済研究所、ドイツ経済研究所(DIW)、IFO経済研究所、キール大学世界経済研究所(IFW)、ハレ経済研究所(IWH)の5研究所は13日に共同報告書を公表する予定。

消費者物価上昇率見通しは6%超とし、前回見通し(21年10月)の2.5%から引き上げた。

一方、23年については明るい見通しを示している。成長率予想を1.9%から3.1%に上方修正したほか、インフレ率も3%をわずかに下回るとした。

ただ、ロシアからのエネルギー輸入が即時停止するなどの事態が起きた場合、独経済は2%以上縮小し、深刻な不況に陥る可能性も排除できないという。



Source link

最新記事

もっと探る