25.5 C
Tokyo
Home経済最新ニュース独、22年経済成長率予測を...

独、22年経済成長率予測を2.2%に引き下げ=関係筋 | ロイター


ドイツ政府は、ウクライナ戦争の影響により、ドイツの2022年の経済成長率見通しを従来予想の3.6%から2.2%へ引き下げる。2021年5月撮影(2022年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[ベルリン 22日 ロイター] – ドイツ政府は、ウクライナ戦争の影響により、ドイツの2022年の経済成長率見通しを従来予想の3.6%から2.2%へ引き下げる。政府の関係筋が22日、ロイターに明らかにした。

関係筋によると、欧州最大の経済大国であるドイツの23年の成長率は2.5%となり、従来予想からやや上昇する見込み。

新たな見通しによると、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)発生から2年が経過し、ドイツ経済はウクライナでの戦争による新たなリスクに直面し、物価やサプライチェーン(供給網)が影響を受ける可能性が高い。

関係筋によると、エネルギーの不足と価格高騰が経済成長見通しをさらに悪化させる可能性がある。ウクライナへの侵攻で厳しい制裁を受けているロシアはドイツへの主要なガス供給国で、戦争によって世界中でエネルギー価格が高騰している。

欧州の各国政府は、パンデミック後の今年は経済の堅調な回復を見込んでいたが、ロシアのウクライナ侵攻によってそれが疑問視されている。

ドイツ政府は来週の27日に最新の経済見通しを発表する予定。



Source link

最新記事

もっと探る