26.1 C
Tokyo

「Dead by Daylight」の6周年を記念するイベントが開催に。新チャプターやスピンオフタイトル,コラボなどの最新情報をお届け



 Behaviour Interactiveは本日(2022年5月18日),非対称型対戦サバイバルホラーゲーム「Dead by Daylight」PC / PS5 / Xbox Series X / Switch / PS4 / Xbox One)が6周年を迎えたことを記念するイベントを,オンラインにて開催した。本稿では,それに先駆けて行われていたプレスカンファレンスにて発表された最新情報をまとめてお伝えしよう。

新チャプター「Roots of Dread」

 6月7日に配信開始となる新チャプター「Roots of Dread」(恐怖心の種)には,新たなキラーとサバイバー,マップが登場する。舞台となるのは自然に囲まれたとある町で,表向きは平和に見えるが,その裏にはとある秘密が……といった内容になるという。

画像集#002のサムネイル/「Dead by Daylight」の6周年を記念するイベントが開催に。新チャプターやスピンオフタイトル,コラボなどの最新情報をお届け

 新キラー「The Dredge」(ドレッジ)は,町に潜む秘密そのもの。設定やキャラクターデザインは伝説上の怪物・ブギーマンにインスパイアされており,容姿も発する音もこれまでのキラーとは一線を画し,悪夢をそのまま形にしたようなものになっている。
 ドレッジの容姿は,スキンとして用意された「マスク」「身体」「武器」を組み合わせることで,プレイヤー好みに変更することも可能だ。

画像集#003のサムネイル/「Dead by Daylight」の6周年を記念するイベントが開催に。新チャプターやスピンオフタイトル,コラボなどの最新情報をお届け

 またドレッジは,2つの特殊能力を持っている。1つめの特殊能力は,本来ならサバイバーの安全地帯であるロッカーの間をテレポートし,無防備なサバイバーを捕まえられるというものだ。この能力は“ベッドの下に潜む怪物”のような存在を表現しているとのこと。

 もう1つの「ナイトサイクル」は,対象のサバイバーを一定時間暗闇で覆い,視界を見えにくくするという特殊能力だ。各サバイバーには専用ゲージが用意され,ロッカーに隠れるなどのさまざまな要素により蓄積していき,MAXになると,ナイトサイクル発動の対象となる。ゲージがMAXになる頻度は,1ゲーム中に3〜4回とのことだ。
 ナイトサイクル発動中のサバイバーは視界が悪くなるだけでなく,暗闇の中で見えるのがドレッジだけとなるので,極めて不気味な体験なるそうだ。

 新サバイバーの「Haddie Kaur」(ハディ・カウル)は,インド生まれで,幼少期に家族ととともにカナダ・ケベック州に移住した過去を持つ。彼女は「霧の森」と現実をつなぐ穴を見ることができる能力を持っており,以前からさまざまなモンスターと戦ってきた。それらの能力や経験が,彼女のパークに反映されているという。

画像集#004のサムネイル/「Dead by Daylight」の6周年を記念するイベントが開催に。新チャプターやスピンオフタイトル,コラボなどの最新情報をお届け

 新マップ「Garden of Joy」(喜びの庭)は,古典的なホラーに登場するようなアメリカの小さな町をモチーフにしているそうだ。メインの建物は,薄暗い森に囲まれた古きよき家族の館という印象を受けるが,町全体と同様に秘密が隠されている。

画像集#005のサムネイル/「Dead by Daylight」の6周年を記念するイベントが開催に。新チャプターやスピンオフタイトル,コラボなどの最新情報をお届け
画像集#006のサムネイル/「Dead by Daylight」の6周年を記念するイベントが開催に。新チャプターやスピンオフタイトル,コラボなどの最新情報をお届け
画像集#007のサムネイル/「Dead by Daylight」の6周年を記念するイベントが開催に。新チャプターやスピンオフタイトル,コラボなどの最新情報をお届け

 なおRoots of Dreadは,5月18日より実施されるパブリックテストビルド(PTB)にてプレイ可能となる。

今後1年間の展開についてもアナウンス。キラーと恋愛できるスピンオフ作品や新コラボの情報も明らかに

 カンファレンスの後半では,「Dead by Daylight」における,この先1年間の展開についても発表された。
 まず新チャプターや新マップについては,これから1年間で新チャプターを上記のRoots of Dreadを含めて4つ,新マップをGarden of Joy含めて2つリリースする予定とアナウンス。さらに4つの学術書がチャプターに追加され,キャラクターの過去などが掘り下げて紹介されるという。

 また,ゲーム性の向上やクオリティの改善に関しては,フォーラムやSNSなど複数のソースからからのフィードバックを反映していくという。具体的に取り組む大きな改善点として,以下の4点が挙げられた。

 1点めは,パークの変更についてだ。今後数か月以内に行われるアップデートにて,約40種類のパークに変更を加える予定があるという。この変更には,多くのプレイヤーが同じパークを使い続けている状況を変える意図があり,ゲームバランスの修正と,新たな視点でプレイできるようになることを目的としている。

 2点めは,マッチメイキングについて。日本をはじめとする各地域ではキラーとサバイバーの数的バランスが取れていないことがあり,マッチメイキングに時間がかかる場合がある。これをプレイヤーにインセンティブを与えることで解決するシステムを実装する予定があると発表された。具体的にはキラーが少ない場合,キラーを選んだプレイヤーにブラッドポイントを付与するといった措置が取られるというわけだ。
 同時に,マッチメイキングの待ち時間が少なくなるよう,メインメニューにキラーとサバイバーのどちらを選べばインセンティブがあるのかを示すメッセージを追加するという。

 3点めは,キャラクターのプリセット機能について。プレイヤーが,あらかじめパークやスキンなどをプリセットとして登録しておき,簡単に切り替えられる機能を追加する。この機能は,5月18日より実施されるPTBにて試せるとのことだ。

 4点めは,インゲームイベントについて。Behaviour Interactiveでは,周年イベントとハロウィンイベントを,極めて大切な存在と位置付けているそうで,多くのプレイヤーと交流したいと考えているという。
 また,冬のイベントや新年イベントにも期待してほしいとのこと。それらのイベントでは,2021年の冬のイベントで雪だるまが登場したように,新しい機能を導入する予定もあるという。

 そして最後には,今後リリース予定のスピンオフタイトル新コラボイベントなどの情報がアナウンスされた。以下に発表内容を掲載しているので,目を通してほしい。

■恋愛シミュレーションゲーム「Hooked on You: A Dead by Daylight Dating Sim」

 「Dead by Daylight」のキャラクターが登場する,PC向け恋愛シミュレーションゲーム「Hooked on You: A Dead by Daylight Dating Sim」が,今夏リリースされることが明らかになった。

画像集#008のサムネイル/「Dead by Daylight」の6周年を記念するイベントが開催に。新チャプターやスピンオフタイトル,コラボなどの最新情報をお届け

 これはBehaviour Interactiveが調査した結果,全プレイヤー層においてもっとも待ち望まれているのが,恋愛シミュレーションゲームだったことからスタートした企画だという。内容はプレイヤーがお気に入りのキラーとロマンスを楽しめるインタラクティブなノベルゲームになるとのこと。

 舞台となるのは「殺人鬼の島」で,登場するキラーはハントレス,スピリット,トラッパー,レイスの4人。プレイヤーは,ビーチでアニメ調に描かれたキラー達と交流し,絆を深めながらストーリーを進めていくが,必ずしもロマンチックなエンディングに到達するとは限らないという。

 なお開発は,2019年にリリースされたケンタッキーフライドチキンの恋愛シミュレーションゲーム「I Love You, Colonel Sanders! A Finger Lickin’ Good Dating Simulator」を開発したPsyopが手がける。



■新コレクション「進撃の巨人」

 「Dead by Daylight」と「進撃の巨人」のコラボレーションも発表された。本作のプレイヤーは,アニメや漫画にインスパイアされたコンテンツを待ち望んでいたそうで,今回晴れて実現の運びとなったという。

 このコレクションでは,キラーとサバイバーそれぞれに10種類のスキンが用意される。双方のキャラクターの個性や特徴にマッチするよう企画を進めたとのことで,例えばドワイトにはエレン,ザリーナにはハンジ,鬼には鎧の巨人のスキンが用意される。

画像集#009のサムネイル/「Dead by Daylight」の6周年を記念するイベントが開催に。新チャプターやスピンオフタイトル,コラボなどの最新情報をお届け
画像集#010のサムネイル/「Dead by Daylight」の6周年を記念するイベントが開催に。新チャプターやスピンオフタイトル,コラボなどの最新情報をお届け
画像集#011のサムネイル/「Dead by Daylight」の6周年を記念するイベントが開催に。新チャプターやスピンオフタイトル,コラボなどの最新情報をお届け

■新チャプター「バイオハザード: プロジェクトW」

 「バイオハザード」シリーズのコラボ第2弾も発表された。こちらは,2021年6月に行われたコラボ第1弾の反響を受けて実現したもので,今回はより多くのクリーチャーやキャラクターが登場するとのこと。チャプターの実装は2022年末を予定しており,詳細は順次公開される。

■「Dead by Daylight Mobile」について

 スマートフォンゲーム「Dead by Daylight Mobile」iOS / Android)についても告知された。日本では配信されたばかりの本作だが,その内容には,グローバルにおける次期大型アップデートにて実装される機能や改善が含まれているとのこと。具体的にはリーダーボード,クイックマッチ,ソーシャルシステムが導入されており,また操作性,グラフィックス,ゲームプレイが大幅に改善されている。この大型アップデートは,数週間以内にアメリカでクローズドβテストが開始され,順次グローバルに展開していくという。




Source link

最新記事

もっと探る