28 C
Tokyo
Home経済最新ニュースIMFが世界経済の分断化に...

IMFが世界経済の分断化に警鐘、ロシアのウクライナ侵攻受け – Bloomberg


国際通貨基金(IMF)は、ロシアのウクライナ侵攻の結果として生じた世界経済の分断化に警鐘を鳴らした。何十年にもわたる経済統合を解消すれば、世界はさらに貧しくなる上に危険性も高まると指摘した。

  IMFのゲオルギエワ専務理事は、30カ国余りが食料やエネルギーなど主要商品の貿易を制限したことを受け、モノ不足を緩和し物価を低下させるため、各国が貿易障壁を引き下げる必要があると主張した。

  ゲオルギエワ氏はスイス・ダボスで22日開幕した世界経済フォーラム(WEF)に先立ち、ゴピナート筆頭副専務理事およびパザルバシオグル戦略政策審査局長と連名でブログにコメントを投稿した。

  3氏は各国がサプライチェーンを守り、中断による生産のロスを減らすため、輸入を多様化する必要があると指摘。 また、20カ国・地域(G20)は脆弱(ぜいじゃく)性に対処するため、債務再編に対応する共通の枠組みを改善する必要があるとの見解を示した。

原題:

IMF Warns Against Global Economic Fragmentation From Ukraine War(抜粋)



Source link

最新記事

もっと探る