27.2 C
Tokyo
Home日本のお金のニュース業務の自動化で大活躍!人間...

業務の自動化で大活躍!人間と働く賢い「協働ロボット」について徹底紹介

工場内で見慣れないロボットが、作業員と一緒になって働いている姿を見たことがありますか?「協働ロボット」は産業用ロボットに属する注目のロボット!英語では「Collaborative Robot=略して”コボット”)と呼ばれています。このコボットは業務の効率化や自動化を実現してくれる強い味方!少子化や働き方改革などの影響を受けて、多くの企業が導入をはじめています。

ここでは業務の自動化で大活躍している「協働ロボット」について徹底紹介します。コボットを採用するメリットや採用する理由などを交えてお話しましょう。

協働ロボットとはどんなもの?

協働ロボットはコボットとも呼ばれる産業用ロボットの一つ。今までは産業用ロボットの採用に大きなスペースを必要としていましたが、協働ロボットを使えば小スペースで賄えるため、注目を浴びているロボットでもあります。

協働ロボットは自動車や電子産業はもちろん、サービス、食品、医薬品・物流、外食などの分野でも積極的に採用されています。近年、その有効性や利便性に着目した企業が、よりスムーズな生産を進めようと次々に導入が始まっています。

協働ロボットの特徴は?

協働ロボットの特徴は一言でいえば、従来の産業ロボットでは不可能だった項目を「可能」にしたことでしょう。たとえば、産業ロボットが工場で大きなスペースを必要とすることに対し、協働ロボットは小スペースで賄えること、そして、必要とするエネルギーを比較しても、協働ロボットの方が格段に省エネルギーであること、などが挙げられます。

また、産業ロボットの場合は取り扱う対象物のサイズや形状、固さなどが異なる場合に上手く作動しない、または不可能といった問題がありました。加えて、巨大な産業ロボットを操縦するエンジニアが少なく、ノウハウを把握している人が限られている、また「人」に対する安全性やセキュリティが完璧ではなかったことも課題として挙げられていました。こういった項目をほぼクリアにしたのが協働ロボット(コボット)なのです。

協働ロボットを採用するメリットは?

さて、協働ロボットを採用する企業側のメリットは何でしょうか?

まず、協働ロボットを開発した目的の一つに「生産性の向上」が挙げられます。多くの日本企業が直面しているのが、少子化による「人材不足」、また働き方への考え方が変わったことによる「若手社員の仕事離れ」などの問題です。こういった人手不足を解消するのに、大いに貢献しているのが進化型産業ロボットの「協働ロボット」です。

また、協働ロボットを導入することでコスト削減にも役立ちます。極端な話ですが、協働ロボットはプログラムによって作動するロボットなので、風邪を引いたり、体調を崩したりして、作業工程に穴を空けるといった心配がありません。また、人が行う作業と異なり、気分や感情に左右されることなく、一定のペースで要求通りに仕事を行ってくれます。これは、企業にとっても安心する部分で、クライアントや顧客に対して出荷の遅れや延期を伝える不安も大幅に減少されます。

協働ロボットが誇る3つの実力とは?

さて、ここで見直したいのが協働ロボットがいかに凄いか?という点です。企業がある程度の経費を費やしてでも採用したい理由は、協働ロボットが誇る素晴らしい実力にありました。

人間に近い柔軟な作業が可能

まず、取り扱う対象物のサイズや形などを認識する装置が備わっています。つまり、一つの特定的な対象物に対してのみ作業が可能なのではなく、あらゆる大きさや形状を即座に計測して適切に動くことができます。また、安定した把持を実行するための「力制御」がついているため、思い余ってつぶしてしまったり、曲げてしまったりといったトラブルが起こりにくくなっています。これを「バイラテラル制御」と言いますが、この装置のおかげで、ほぼ人間の感触に近い繊細な作業が可能となっています。

プログラミングが難解ではない

次に、ロボットティーチングシステムの簡素化です。協働ロボットを採用するにあたり、工場やオフィスなどで作業する協働ロボットに、雇用者が求める仕事内容をプログラミングしなければなりません。実際、産業ロボットの場合、このプログラミングが非常に骨の折る行程でもありました。しかし、協働ロボットでは、できるだけシンプルに容易に教え込むことができる優れたシステムを実装しています。

AIの導入

最先端の技術を駆使した協働ロボットには、人工知能(AI)が積極的に導入されています。たとえば、熟練した技術者の手動きやテンポなどを再現できるAIを取り入れて、より人間の手作業に近い状態を作り出すことに成功しています。

また、より繊細な作業を行うという観点からは「接触感知」を行うAI機能も実装しています。この接触感知という技術は、より精密な作業を行う上で非常に重要な部分になってきます。この機能があるかないかで、最終的に完成する商品の出来に大きな影響を与えるからです。

協働ロボットに「柵」は必要なし!

2013年までは、80ワット以上の産業ロボットを工場に導入する際、作業員とスペースを維持するための「専用柵」を立てることが必須でした。しかし、以後、規制が緩和され一定の条件を満たしていれば、柵を用いず、作業員と同じスペースで仕事ができるようになったのです。つまり、人とロボットが同じスペースで一緒に共同作業が行えるようになった!ということです。作業員とロボットの二人三脚で仕事を進めることができる環境が、この協働ロボットの誕生で可能になりました。

もちろん、この規制緩和は従業員への安全性が十分に確認されたからなので、「事故に巻き込まれたらどうしよう」「ケガを負う可能性がある」といった心配もありません。協働ロボットは、もともと小型で軽量、また作業場によってはアーム型のものを使うことも多いので、同じ空間で手を取り合って仕事を進めていくことができるのが魅力です。

最新記事

もっと探る