27.6 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチンコ「即当りメイン×約...

パチンコ「即当りメイン×約93%継続」のスピードスター降臨! 新台分析-P頭文字D- – パチマックス


 最高峰の出玉スピードを実現させた『P真・北斗無双 第3章 ジャギの逆襲』を筆頭に、今年も魅力的なパチンコ機種を生み出している大手サミー。

 そんな同社は、本機に続く次世代のスピードスターを間もなくリリース予定だ。『ぱちんこCR聖戦士ダンバイン』の爽快感を受け継いだ超大物タイアップ機に熱い視線が注がれている。

『P頭文字D』(サミー)

パチンコ「即当りメイン×約93%継続」のスピードスター降臨! 新台分析-P頭文字D-の画像2
サミーチャンネル『P頭文字D』スペシャルPVより

■大当り確率:低確率約1/256→約1/27.2

■最速夢現RUSH継続率:約93%

■賞球数/カウント:1(ヘソ・電チュー・役連右入賞口) & 4(左内入賞口) &

         5(左外/左中入賞口) & 15(上/下アタッカー)/ 6カウント

■確変割合:ヘソ:1% 電チュー:100% / ST70回

■電サポ回数:70回or 100回or 200回or 65,535回

■大当り出玉:10R約900発・6R約540発・4R約360発・3R約270発・2R約180発

○○○

 大当り確率は約1/256.0の時短突破タイプ。初当りは基本的に「闘走BONUS(3R)」となり、ここでの電サポ中に引き戻すことでST「最速夢現RUSH」へと突入する。

 電サポは、「闘走MODE」ならば100回or200回。「覚醒MODE」ならば65,535回が付与され、実質的に次回大当り&最速夢現RUSHが約束される。

 最速夢現RUSHはST70回で、この間の大当り確率は約1/27.2まで上昇。継続率は約93%を誇り、平均連チャン数は「約14.9回(初回大当りを含む)」にも及ぶ。ツボにハマれば100連クラスも狙えるであろう。

 右打ち中の大当りは「10R約900発・6R約540発・4R約360発・3R約270発・2R約180発」の5パターン。10R割合は25%と現実的な振り分けとなっており、獲得出玉を伸ばす重要な役割を果たしてくれそうだ。

 先述した通り本機は『CRダンバイン』のスピード感やゲーム性を踏襲している。「ダウンヒルアタッカー」によるロスのないラウンド消化、即当りメインで爽快感が際立つSTを楽しめる点も大きな魅力。時代が求めるトレンドが詰め込まれた仕上がりと言えるだろう。

『P頭文字D』の導入予定は5月9日。次世代の爆速マシンとして、ホールを大いに盛り上げてくれそうである。

【注目記事】

【パチンコ実戦】一撃120連「5万発オーバー」の夢を追いかけて… 話題のライトミドル機に挑戦‼

パチンコ「常勝無敗レベルの神台」!? LEGEND in LEGENDでまたも快進撃!!

新台『ミリオンゴッド』神の一撃に期待…初当り=GG5セットの激熱スペックへパチスロファンも熱視線!!―新台分析―



Source link

最新記事

もっと探る