31.7 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナル甘デジ「右ALL1000発...

甘デジ「右ALL1000発」で超爆裂を狙う!「10万発の野望」99回目に奇跡が起きるか!? – パチマックス


第99回「甘デジ10万発の野望」

パチンコ新台は来月までおあずけ

 ゴールデンウィークが明けると2ヵ月以上祝日がないことはお馴染みだが、パチンコにもヘヴィな空白期間が存在する。5月9日の大量導入からほぼ1ヵ月、最新機種が入らないのである。次回のパチンコ導入ウィークは6月6日。それまでは既存のマシンで乗り切るしかない。

 とはいえ、人気の機種は増台されるなど状況も良好だし、5月第2週では9機種も新台が入った。特に甘デジは『アイマスミリオンライブlight』『真・暴れん坊将軍』『キャプ翼甘えんな』『らんま格闘遊戯99ver』と4タイトルも導入されている。

 このように充実、盤石の甘デジ界隈のはずなのに、どうも「甘デジ10万発の野望」においては圧倒的塩試合を量産する毎回なのである。こんなしょっぱい試合ですみません。そんなこの企画も99回目を数えた。パチンコ実戦界の佐々木塩介を避けるべく、今回は結果を出さなければならない。

1機種目は「右ALL1000発」マシン!

 まず勝負を挑んだのは『P JAWS3 LIGHT』。右打ち中はすべての大当りで最大出玉となる10ラウンド1000発を獲得できる出玉感を約70%ループするRUSHに乗せれば、理論上、10連チャンで10000発である。

 大当り確率が1/119.8なので早い段階での初当りが望ましいが、要した回転数は103回。どうにか大当り確率の分母以下では収めたので良しとしよう。しかし、それにはRUSH突入が条件となる。

 そのRUSHを懸けた『JAWS PANIC CHALLENGE』で2発目に赤アイコンが出現。これで俄然勝利の期待感が高まった。いや、本心を吐露するならば、もうすでに半分以上RUSHに入った気でいたのである。

 ところが、大チャンスの赤バズーカで気合を入れてレバーを引くもパスンと手応えなし。勝利が煙と消えていくではないか。「なんやねん、次で大当りさせるパターンのやつかいや。焦らすなや」と3rdアタックを青モリで挑むも当然のように外れ。

 結局、5回でジョーズを倒すことができなかったのである。期待させといてそりゃないぜセニョリータ。歯を食いしばりながら次の機種へ。



Source link

最新記事

もっと探る