28 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチンコ「脳が焼かれる」感...

パチンコ「脳が焼かれる」感覚を味わえる!? 目くるめく大当りの連鎖が炸裂!! – パチマックス


「脳が焼かれる」感覚を味わえる激アツ台!?

脳を焼きたくないですか?

 昨今、巷に娯楽が溢れかえり、ありとあらゆる種類の享楽にふけることが可能です。感動や涙もエンターテイメントの一部となり、望んで手に入らない感情もありません。用途や気分、TPOに応じて必要なアミューズメント・レクリエーションをその都度つまみ食いしていけばオールハッピーなのです。

「ファン離れ」が言われるパチンコですが、それはどのジャンルでも懸念されることであって、新規(若者)の数は減り続ける一方だし、1種類だけに固定して楽しむようなことなどほとんどありえないので、当然の摂理としてある程度達観したほうが良いような気がします。

 いまのパチンコファンだって、いくつかある嗜みのひとつとしてパチンコがあるだけで、ヘビーなユーザーはその割合が高いだけでしょう。かくいう町男も熱心な顧客、ファンが自嘲するところの「パチンカス」であると自認していますが、では、私がパチンコを打つ理由は何か。それが冒頭の言葉です。

「脳が焼かれる」。この感覚を味わいたくてパチンコを打ち、また、この感覚を味わえるのはパチンコ以外にないと思っているのです。あ、イリーガルなものは知りませんよ。合法的な飛び方を心得よ、ってことです。パチンコは娯楽界のストロングゼロ。

続くか終わるか…スリリングな要素も重要

 さて、この「脳が焼かれる」感覚。「脳汁」とか「脳が溶ける」とかと同系統だと思いますが、ただ多幸感に包まれるだけの単純な感情ではなく、そこにある種の毒というかスリルというか、そういうものが含まれているんですよね。ベイベ、ベイベ、ベイベ、ベイベ、ベイベ。

 連チャンが続くのか、それともこれで終わってしまうのか。パチンコのこの部分が唯一無二性となっているんじゃないでしょうか。ギャンブルって基本1回勝負じゃないですか。公営なら1レース、カジノとかだったら1プレイ。その1回1回の繰り返し。

 でも、パチンコの連チャンは、連続する継ぎ目のないタームのなかでいろんな勝負のやり取りが展開されていて、強制力を伴った持続性によって継続して脳をヒートアップさせてくるんですよ。

 しかも、最近では瞬間決着・高速消化とかいって考える時間=理性が働く隙間を極力削り、より感覚的にパチンコの醍醐味を楽しめるようになっています。そりゃ人気が出ますよ。



Source link

最新記事

もっと探る