27.6 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチンコ・パチスロ大注目「...

パチンコ・パチスロ大注目「激アツ日」が間もなく! 今年の「6月6日」は一味違う!? – パチマックス


今年の6月6日は一味違う!?

 早いものでもうすぐ5月が終わってしまいます。これからは梅雨モードに突入し、雨連チャンとジメジメゾーンが絶え間なく続くようになるので少々陰鬱な時期を過ごすことになります。

 しかし、我々には6月6日がやってくるのです。そう、ゾロ目祭です。しかも、「6」はパチスロにおける最高設定をイメージさせるということで、ゾロ目の日のなかでも特に盛り上がる日付となっています。

 有名なホールでは何百人、何千人と開店前に並びが出ることも。パチスロは出玉性能の面などで不遇の状況ではありますが、パチンコより熱心なファンが多い印象なので、こういった熱狂を生むのでしょう。

当日には激熱パチンコ新台が続々デビュー

 一方、パチンコファンは「あんまり関係ない」と考える向きもありますが、今年は違います。パチンカーにも激アツの6月6日なのです。なぜなら、次の新台導入の大きな山が6月の第2週である6月6日月曜日にやってくるからです。

 その6月6日から導入されるパチンコの新機種は超大量。期待の大物からマニアックな甘デジまでバラエティーに富んだラインナップとなっています。

 特に、1回で3800発の出玉を獲得でき、さらにそれがループする『Pフィーバー蒼穹のファフナー3 EXODUS 超蒼穹3800ver.』は大注目でしょう。対抗馬としては同じように規定以上となる2000発出玉が70%以上で継続する『PストリートファイターV』あたりですか。

 町男が密かに注目しているのは『P真バジリスク~甲賀忍法帖~』です。正直、パチンコではパチスロほどの影響力を発揮できていない印象の同タイトルですが、この台は面白そう。

 スペックは大当り確率が1/199.8のライトミドルで、なんとRUSHの継続率が96%に達するというアメージングな連チャン性能を有しているのです。『CR奇跡の電役キャプテンロバート』の再来ですよ。

 しかも、即当りメインの高速消化タイプ。高い継続率を活かしたストック演出もバンバン発生するようで、疾走感と高揚感が体の隅々まで行き渡る「痺れる」タイプの打感を味わえそうです。

 そして、コンテンツは『バジリスク』。スロットでは大跳ねさせた実績も経験も充分のモチーフだけに、その仕上がりに期待が高まります。

 超破格のループ率なので、RUSH突破率は1/3程度(諸々込みだと40%ほど)ですが、遊タイムによる救済処置が手厚いので、ライトミドルタイプという面もあわせて非常に打ちやすい。その部分も私の好みです。

 さて、もうすぐ迎えるパチンカー・スロッターの祭典、6月6日月曜日。当日にピークを迎えられるようにしばらく左折しないで生活しますか。と思ったら、ワシの地元、新台入れ替え火曜日以降にしかやらないやーん。

(文=大森町男)

<著者プロフィール>

 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】

パチスロ設定1でも「ボーナス確率は約1/52」の甘さが魅力…5号機初のボーナス非搭載機

パチンコ「18万発」も夢じゃない!? 負けムードを余裕で覆す最高にして最強マシン!!

パチスロ界の大物たちも絶句!? 人気女性ライターの「壮絶人生」が大反響



Source link

最新記事

もっと探る