26.3 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチンコ「遊タイム」が搭載...

パチンコ「遊タイム」が搭載されている機種は勝ちやすい!? メリット・デメリットを紹介! – パチマックス


 低確率状態中、規定回数までハマったら発動する「遊タイム」。スロットでいうところの天井機能である。2020年4月以降のパチンコ機種から順次導入が開始され、現在も多くの機種に搭載されている。

 遊タイムはさまざまなスペックの機種に搭載されており、甘デジタイプで250〜300回転、ライトミドルタイプで500〜600回転、ミドルタイプで800回転以上と、大当り確率によって遊タイムまでの規定回数がある程度決まっている。

 遊タイムが導入された直後はファンの間でさまざまな論争が繰り広げられていたが、遊タイム狙いを得意としている筆者が改めて「遊タイムのメリット・デメリット」について紹介する。

遊タイムのメリット

 まず最大のメリットは、規定回数に到達すればほとんどの確率でRUSHが確定することだ。たとえば、ミドルタイプの『Pとある魔術の禁書目録』(藤商事)の場合、通常時に800回転消化することで時短1214回の遊タイムへと突入する。ライトミドルタイプの『Pフィーバー アイドルマスター ミリオンライブ! 39フェスver .』(SANKYO)では、大当り後500回転消化で、RUSHである「39フェス」 へ突入するのだ。

 これまでのパチンコは青天井だったため、大当り確率の何倍もハマってしまい、1日中大当りが引けないなんてことも珍しくなかった。さらには、大当りが引けてもRUSH獲得とならず、ショボ出玉で終わってしまうことも当然ながらあった。そのゆえ、ハマるのが怖くてパチンコが打てないという人も多かったのではないのだろうか。

 実は筆者も、遊タイムが導入されるまでは1日1500回転ハマりを経験したことがキッカケで、パチンコよりもスロットを打つ機会の方が多かったが、タイムが導入されてからはパチンコメインで稼働している。

 また、以前までの立ち回りは台のコンディションを見極めて期待値を稼ぐ方法だけだったが、遊タイムが導入されたことでスロットと同じように「天井狙い」ができるようになったのもメリットといえるだろう。



Source link

最新記事

もっと探る