24.9 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチスロ「設定6の安定度は...

パチスロ「設定6の安定度は抜群」で万枚も射程圏内!トップクラスの機械割と甘さで大ヒット!! – パチマックス


説明不要の大ヒットシリーズへ迫る

 間もなくメーシー製のパチンコ新台『P真バジリスク~甲賀忍法帖~』がデビューしますね。こちらもバジリスクの名に相応しいマシンになりそうで期待大ですが、バジリスクといえばパチスロもヒット機揃いです。

 5号機ART機の頂点に君臨し、撤去を迎える最後の最後までパチスロ界を牽引しつ続けたエレコの『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』はあまりにも有名。という訳で今回のレトロスロットはその前身機にあたるメーシー『バジリスク~甲賀忍法帖~Ⅱ』(2012年)です。

 2014年にリリースされたバジ絆の陰に隠れてしまった感じもありますが、実に良いマシンでした。ボーナスは確率が超激低の『プレミアムバジリスクチャンス』のみで、基本的にはARTのみでメダルを増やすタイプです。

トップクラスの機械割と甘さが魅力!!

 通常時のART『バジリスクタイム(BT)』への道のりは直撃かCZ『開眼チャレンジ』。BTは『追想の刻』と『争忍の刻』の二部構成となっており、G数上乗せとセットストックで継続を狙っていきます。 

 上乗せ特化ゾーンである『瞳術チャンス』では瞳術絵柄揃いでストックを獲得。 上位特化ゾーンの『真瞳術チャンス』は大量ストック獲得の大チャンス。これはプレミアムバジリスクチャンスと並んで大爆発への重要な契機でしたね。

 あとは『音』も大迫力でした。ウーハーを搭載した新筐体『バズーカ』から繰り出される重低音は体の芯まで響いてくる程。瞳術絵柄が揃った時の『ズドドドドーーン』という効果音は本当に快感でしたね。 

 絆が登場してからは、私もそちらに重きを置いた感じで打つ機会は減りましたが…それまでは良く打っていたマシンのひとつです。



Source link

最新記事

もっと探る