6.5 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナル時代を彩ったパチンコ名機が...

時代を彩ったパチンコ名機がズラリ…現役の二刀流「家パチ収集」に感動!! – パチマックス


 実にディープな『家スロ、家パチ』の世界。今回はその活動名やYouTubeのチャンネル名も実にストレートな『家パチスタイル』氏をご紹介させていただきます。

 そもそもパチンコの実機収集はメンテナンスや維持も難しく、パチスロの実機収集家と比べても希少な存在です。

 その家パチ氏が収集するのは、その名の通りほぼパチンコに特化したスタイル。レトロ台収集家には実ホールでの遊技を卒業したという方も多いのですが、家パチ氏は現役の二刀流なのだそうで勿論ホールで打つのもパチンコが中心とのこと。

 パチンコ歴自体は実に30年にもなり、最近はコロナ禍の影響でホールに行く機会も減ったとのことですが、実機の収集歴はまだ10年ほどなのだとか。きっかけは20年前に友人から頂いたという、あるパチンコ機だったようです。

 それこそが老舗メーカー竹屋の史上最大のヒット機であり、歴史的名機でもある『CRモンスターハウス』。いずれご紹介したいですが、本当に素晴らしいマシンでした。

 そのモンスターハウスを手に入れた10年後に実家に戻ることになったそうですが、保管場所が増えたことや、オークション等で入手しやすい価格帯の実機出品を多く見かけたことで収集への意欲が湧いてきたのだそうです。

 始めて落札した機種は三洋物産の『CR海物語3R』。20年以上の歴史を誇り100機種を優に超える海物語シリーズの中でもかなりの初期、1999年リリースの大ヒット機で2016年、2020年にもリメイク機がリリースされている海物語の元祖とも言える1台です。

 それからはコツコツと好きな台を買い集めていき、保有台数は今や150台以上(内セル盤のみ30枚)。費やした金額は約100万円を超えるとのことですが、1台あたり1万円以下と考えれば非常にリーズナブルと言えるのかも知れませんね。

 素晴らしいコスパ。お買い物上手としか言いようがありません。

 その保有機種の一部をあげると、『FフラッシュSP』、『Fスパーク(GP・ED・CX)』、『アメリカンドリーム2』、『ブルーハワイ』、『エキサイトジャック2』、『フルーツパラダイス2』、『ジューシーフルーツS』、『FキングII』、『FパワフルⅢ』、『レモン牌』、『リバティⅡ』、『ブラボーミリオンSP』、『赤ちょうちん』、『FレクサスVII』等々。

 ご自身がドラム機を大変好んでいたと言うこともあり、その傾向が顕著に表れていますね。メーカー名は省いていますが、時代を彩った名機たちがズラリといった感じで実に素晴らしいです。

 パチンコ店が『娯楽の王様』と言われていた時代に100円で打ったFスパークGPが5連チャン。この時の喜びと興奮が今でも忘れられないという家パチ氏ですが、当時はCR機登場よりも前でして両替機で100円硬貨に両替して打つのが当たり前でしたからね。

 そんな古い趣を残した昔ながらのホールは姿を消し、パチンコ店の形や遊技機そのものも随分と変わってしまいましたが、今は今なりの楽しみ方があるのもまた事実。

 今後も家パチ氏には家パチ収集、実ホールでのパチンコと二刀流で頑張って頂きたいものです。

【家パチスタイル】 – YouTube

(文=電撃しらっち)

<著者プロフィール>

業界歴30年。遊技機販売業など様々な業種を経験し、現在はライターとしての活動にも力を入れている。レトロパチンコ・パチスロの実戦記事や、業界関係者への取材記事も担当。羽根モノや一発台を特集するなど、オールドファンにも響く内容も積極的に作成している。

【注目記事】

パチンコ新台「鬼がかり3000スペック」や『北斗の拳9』など…激アツ新台が始動!!

パチンコ新台「100回大当り」も当たり前!?「万発を15分」足らずで吐き出す激アツ機が続々!!【谷村ひとしパチンコ実戦記】

パチスロ「確変2回ループ」が万枚を生み出す…神の一撃を実現!?

新台『ぱちんこ 乃木坂46』注目の激アツ情報を間もなく解禁!!



Source link

最新記事

もっと探る