19.9 C
Tokyo
Homeギャンブルジャーナルパチスロ新台『押忍!番長Z...

パチスロ新台『押忍!番長ZERO』始動にファン興奮!! – パチマックス


 新たな王道への「挑戦」。大都技研が誇る『Re:ゼロから始める異世界生活』シリーズ最新作の新情報が明らかになった。

 同社はパチンコ新機種『P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.』の新たなプロモーションムービーを公開。映像では、初当りの55%が「3000発+ST」という強烈な要素が確認できる。

 注目が集まっていた「鬼がかりRUSH」に関する詳細も紹介。STは144回で、継続率は77%。変動秒数0.76秒という、業界トップクラスの超高速STを実現しているようだ。

 前回のPVで「COMING SOON」の「SOON」の部分が「6000」に変化していたことが話題になっていたが、最新映像では「鬼がかり6000 BONUS」の存在を確認できる。事前の予想通り、一撃性に特化したスペックである可能性が高そうだ。

「これが大都技研の鬼がかったやり方!」と宣言。スピード&一撃性を堪能できそうな「鬼がかり3000スペック」は、パチンコ分野に旋風を巻き起こすのだろうか。続報を楽しみに待ちたいところだ。

『P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.』の仕上がりに期待は高まるが、注目度ではパチスロ新機種も負けてはいない。

「『番長』『牙狼』2つの遺伝子による奇跡のコラボレーション」と紹介されたパチスロ新機種も大きな話題だ。

 大都技研とサンセイR&Dの協力のもと開発された『牙狼 -黄金騎士-』は、『押忍!番長』シリーズを思わせる演出や「牙狼絵柄」が揃うリールアクションなどが紹介されている。爆裂レジェンド『牙狼』と、同社の看板シリーズ『押忍!番長』の強力タッグへ期待の声が続出中だが…。

 大都技研は、またもやファンを歓喜させる新作を発表した。

「10月4日、パチスロ新機種のティザーPV第一弾を公開。『押忍!番長』シリーズ初代~3を紹介して始まる映像では、3・2・1・0のカウントダウン後に【『押忍!番長ZERO』乞うご期待!】との文言を紹介。登場の噂が絶えなかった、シリーズ最新作が始動するようです。

現時点でスペックや導入日などは明らかにされていませんが、以前から『年明けの導入が有力では!?』『6.2号機での登場が濃厚か』との情報が浮上。スペックを含めた詳細が非常に気になりますね。いずれにせよ、目玉機種となるのは間違いないでしょう。今作でもファンを熱狂させて欲しいです」(パチスロライター)

 パチスロ分野を牽引する『押忍!番長』が、またもやサプライズを用意してくれるのだろうか。こちらの続報も非常に楽しみである。敏腕メーカー大都技研の動向から目が離せない。

【注目記事】

甘デジ新台「必ずST突入×10R比率50%」…安心感と出玉力を両立!!

パチスロ「一撃2万7000枚」実現の大型タイトル…最新作にも爆裂要素は健在!!

「7,000枚」突破6.2号機の攻略ポイント!特定小役や各種画面に要注目!!



Source link

最新記事

もっと探る